水戸@bar granma 07/30 [SAT]

久々水戸でやります。ってより記憶がないくらい水戸ではやってないです。

バトル気質の時代の頃は以前何度か飛び入りとかでスクラッチで参加したりしてましたが、DJするのはもしかすると高校3年生か、卒業して一年位後に、初めて水戸の「アンテナ」って箱でDJした以来かな?初めてかどうかは不確かだけど、DJする前にバトルに出たのがが先だったのは覚えてる。それは高校三年だった。

その当時部活やってた仲間たちでRock的なレコード聴いてるやつらが二人くらいいて、一緒にイベントやろうみたいな感じで誘われた気がする。みんなRockやパンクをかけてる中で僕だけ違う感じだったような気がするけど、当時はプレー中に色んな曲かけたりしてたような、バトルの延長で、とてもDJとはいえないような、めちゃくちゃなプレーだったろうなー

opera8_0730

opera

07/30 [SAT] @ bar granma
9pm-6am 1500yen

Live:
Rintaro

DJs:
igacorosas
Stone Neck
sonic
S✡10
LEEE

and opera DJs

Food:
にゃぐにゃぐ食堂

Rintaro
東京出身、DJ。毎月渋谷KOARAで開催されているパーティ”探心音”のレジデント/オーガナイザー。近年は暖かくも解像度の高いサウンドシステムを持 つKOARAで、その小さなダンスフロアの為の独自のハウスセットを展開している。またモジュラーシンセディーラーとしての顔も持ち、有機的かつ踊れる、 即興性の高いライブセットも行う。

igacorosas
スクラッチ主体のバトルDJ出身で、数々の大会で功績を残してきた。後にバトルスタイルから方向転換し、DJとしてMixCDをリリースし、アナログ・レ コード店でカルト・ヒットを記録。現在は、楽曲制作を中心に活動し、2015年4月には通算4枚目のアルバムとなる[bocnomonq]を 2LP+CD+DVDでリリース。独自の視点で表現する異様な世界観でコアな層を魅了している。現在は福島・いわきを中心に活動中。

Stone Neck (S.I.N)
New Yorkで7年間の修行を経て一昨年帰国。コンテンポラリーでヴィンテージ感のあるグルーブが持ち味、数々のパーティーにおいてフロアをどっぷりと地下深 くへと沈めてきた。現在は地元宇都宮を拠点にクルーと共に立ち上げた不定期パーティーS.I.Nを軸に各地で精力的に活動を行っている。

sonic (GORF)
2000年頃からsonic名義でのLIVE活動を開始、その後BUTTHEAD SUNGLASS、YESTERNOW、ABRAHAM CROSSといったバンドで活動しながらDJも開始。2013以降都内からつくばに拠点を移しGORFを中心にパーティオーガナイズ、DJ、たまに LIVE等行っている。制作はseminishukeiのコンピへの参加、https://soundcloud.com/casualsdmt への不 定期投稿など。

S✡10 (マガるStudio/Thursday Records)
水戸/小山のHIP HOP育ち。DARKNESS FLOWやGREEN PEACE SOUNDなどを経て、活動を休止する。2年という歳月をSKATEBOARDに捧げたのち、HIP HOPのDUB/PSYCHEDELIC的な解釈を手にBACK AGAIN。現在はDJ、BEAT MAKINGの他にRECORDING ENGINEER、SKATE VIDEO、MUSIC VIDEOのFILMER、EDITERとその活動は多岐に渡る。 水戸のSKATE BRAND “THURSDAY” のZINE/DVDへの音源、写真、映像の提供や、スケートパーク建設プロジェクト“CONCRETE CIRCUS PROJECT” の進行などが直近の活動。マガるmixに続くマガるVIDEOを現在製作中。

DJ LEEE
2005年、地元の床屋で聴いた店主のDJ PLAYに衝撃を受け、本格的にDJを始める。メインストリーム、アンダーグラウンド問わない幅広い選曲が持ち味で、水戸や渋谷などで様々なジャンルの パーティ、イベントにてスピンしている。2014年には新録のアングラHIPHOPのMIX『BLACK RADIO#1』FUNK, BREAKBEATSを軸とした『BOTTLE MIX vol.4』をリリース。2016年2月にはネオソウル、アングラHIPHOPを軸としたMIXCD「VIEW」をリリース。大好きな音と酒に呑まれなが ら日々新たなグルーヴを模索中…

288 Total Views 1 Views Today